ボーダー・コリー アヤの徒然日記

ボーダー・コリーのアヤと飼い主かーさんの、 平凡ですが楽しい毎日を綴っています。

スポンサーサイト

Posted by アヤのかーさん on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行って来ました。

Posted by アヤのかーさん on   3 comments   0 trackback

少し前の事ですが、前回の休みの日(14日)に「いのちのパネル展」に行って来ました。

お天気が良くて暑かったので、アヤは留守番をしてもらいワタシだけで出発。
着くまで、車の中でドキドキしてました。

会場に着くと、思ったより人が沢山居て、熱心に見てまわる人の姿もありました。

綺麗な写真パネルの下の説明文を読みながら、端から見てまわりましたが・・・

はじめに衝撃を受けたのは、皮膚病でボロボロの顔をした子と年老いて動けなくなった子の写真。
何の治療もして貰えず、手に負えなくなったからと連れてこられたそうです。
情けなくて涙が・・・
自分の都合で「いのち」を捨てる、人の中の醜いエゴを感じました。

可愛いパピーの写真もありました。
ボランティアの人がミルクをあげている、ほほえましい写真のはずなのに・・・
説明文に「生きている間はお腹一杯に」とあり、切なさがこみ上げました。

里親になられた方の紹介もされてありました。
幸せそうなワンコの写真の中に「明暗を分けた兄弟」というのがありました。
同じ親から生まれたのに、弟は命を繋げたけれど兄は処分されたようです。

その後は「いのち」を預かることの大切さを訴えるパネル。

1枚1枚、時間を掛けて見てまわり、会場を後にしました。

あと2日間開催されています。
お近くの方は、是非足を運んでください。
呉線の新広駅を出て直ぐの会場です。

少しでも沢山の人に見ていただきたいと思います。

今回行ってみて、初めて知った事実もありました。
呉市では年間500余りの「いのち」が処分されていること。
処分される職員の方も辛いと思います。
少しでも「いのち」を繋げられるように、性格の良いワンコは成犬でも譲渡対象にするなど
心を配っていらっしゃいます。

出来れば、処分される「いのち」がなくなる世の中になって欲しい。。。
心から願っています。




スポンサーサイト

Comment

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.09.19 18:15 | | # [edit]
マリンママ says..."No title"
なんとも言えないですね
かーさんの勇気 辛かったでしょ
でも目を伏せてはいけないんですよね
ワタシはその場に行けるか 自信がないかも・・・
ルイはまだ幸せかもしれないです
捨てた命を救っても マリン家も限界
ホントにこれ以上 不幸な子がなくなって欲しいです
2008.09.25 22:08 | URL | #- [edit]
アヤのかーさん says..."No title"
マリンママ☆
着くまでは、ドキドキして心穏やかではなかったですが・・・
会場が明るくて、子供さんが見ても大丈夫なように
気を配ってらっしゃる感じがしました。
ワタシも現場は怖くて行けません。
ルイちゃんの命を繋いで頂いてうれしかったです。

不幸な仔を生み出す、世の中が変わって欲しいです。
つくづく人間って業が深い生き物だと思います。
2008.09.26 00:03 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ayafight.blog108.fc2.com/tb.php/180-8ae8f515
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。