ボーダー・コリー アヤの徒然日記

ボーダー・コリーのアヤと飼い主かーさんの、 平凡ですが楽しい毎日を綴っています。

スポンサーサイト

Posted by アヤのかーさん on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出。。。

Posted by アヤのかーさん on   2 comments   0 trackback

昨日は・・・ワタシに取って大事な日でした。
この日記は、ワタシの勝手な思い出です。
スルーして下さっても良いですよ~。







昨日、11月18日はワタシの初めての愛犬「ゴン君」の命日でした。
ゴン君は母犬は父の知人の家のワンコで、父犬はどこかの野良ワンコ。
正真正銘のMIXワンコです。

9年前の丁度夜中の11時半頃に亡くなりました。
享年13歳の短い命でした。

亡くなる2ヶ月ほど前に、お腹は大きくなっているのに、顔がやつれてきたゴン君。
変だ変だと思いながら、ついつい病院を後回しにしてしまいました。

だんだん、散歩に行っても息が切れ始め、年の所為かと勘違いした駄目なワタシ達。
やっと予約をして行った病院で、前立腺からの癌だと言われました。
念のために手術を試みたものの、腹膜全体が癌に覆われていて・・・・
その時点で余命3週間と診断されました。

麻酔を掛けている今なら「安楽死」も選択肢と言われました。

ワタシ達親子は、最後まで看取りたいと拒否。
せめての延命に、胃に直接栄養が取れるチューブを着けて貰って帰りました。

散歩の大好きなゴン君。
先生に、体力を温存する為に散歩禁止を言い渡され、家の周りを少しだけ歩くようにしました。

初めは元気があったので、散歩が出来ないもどかしさにイライラしてました。

それが、余命と言われた頃には寝たきりに。。。
お腹のチューブのおかげで、栄養は取れたけどみるみる内に弱ってきて・・・
それでも、余命を越える5週間も頑張ってくれました。

亡くなる直前に、小さな声で吠えてワタシを呼びトイレに連れて行きました。
プライドの高いゴン君は、トイレを外でしかしてくれませんでしたから・・・

トイレを頑張って、定位置に戻った所で、ワタシの顔を見ながら崩れ落ち、そのまま息を引き取りました。
ワタシの顔を見ながら逝ってしまいました。

最後まで看取らせてくれてありがとうね。

次の日、仕事を休めなかったワタシは、始発で仕事場に行き、全ての作業を終わらせると昼に帰らせてもらい、親子で荼毘に連れて行きました。

2人きりで見送って、小さな箱に入ったゴン君を抱いて帰りました。
後悔と悲しさで終始涙に暮れたワタシ達でした。

その頃は、2度とワンコとは暮らさないと決めてました。
仏壇にゴン君の遺影とお骨を置き、ワタシの部屋にもゴン君の写真を飾り話しかける毎日。。。

それが、ひょんな事からアヤを迎えることになって、4年目にしてお墓に入れることになりました。
仕事に行って帰ったら、父ひとりで納骨をしたと知らされ涙しました。

ゴン君が居なくなって、悲しみにくれるワタシを心配して、一人で納骨をしたんです。
父なりの優しさでした。

ゴン君が居なくなっても、毎年墓参りしてたのに・・・
何で今年に限って忘れたんだろう。

昨日は父が旅行で居なかったので、仏壇にご飯を供え線香をあげました。
久しぶりに見る、仏壇の所の写真盾がホコリまみれで綺麗にしました。
何でその時に気が付かなかったんでしょう。

ごめんね・・・ゴン君。
忘れたわけじゃないんだよ。
次の休みには会いに行くから待っててね。。。
200707052145000.jpg

200707052139000.jpg

スポンサーサイト

Comment

ユーメス says..."涙です。"
v-409v-406
アヤちゃんかーさん、これはダメ。
この話は涙、涙になってしまいます。

ウチも純粋の?雑種ですけどチビ太ってワンコを飼ってました。
ダンナさんの親が飼ってたんですけど、とってもお利口さんで可愛いワンでした。
2世帯になって一緒に住むようになって子供たちもとってもよろこんでいました。
 
もう天に召されて7~8年ですけど、やっぱり最後は悲しくて…。
体が起こせなくなっても最後までなんとか応えようと首を上げて…。
もうワンコは飼えないと思っていたのですが。

やっぱりワンコって家族なんですね。
アヤおかーさん、ゴン君もいたわってアヤちゃんを可愛がってね。



2009.11.20 22:49 | URL | #- [edit]
アヤのかーさん says..."Re: 涙です。"
ユーメスさん☆
ゴメンなさいv-356
泣かせる積もりはなかったんですけど・・・
ユーメスさんも辛い別れを経験してたんですね。。。
血統書があろうと無かろうと、大事な家族なんですよね!!
チビ太ちゃんも、最後まで看取って貰えて幸せだったと思います。
今の世の中、ワンコがアクセサリーになって、簡単に廃棄されてますものv-406
一度家族に迎えたら最後まで見て欲しい。

夢芽ちゃん、素敵な家族に迎えられて良かったネv-343

やっと迎えた大事なお嬢さまたち、一杯長生きして楽しい時間を過ごしましょうねv-411
2009.11.24 21:49 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ayafight.blog108.fc2.com/tb.php/340-a6c7c3bd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。